喫煙によるタバコの健康被害は以前から知られているもので、喫煙によって肺がんなどのリスクが高まります。
これらの健康被害を防止するためには禁煙することが必要になりますが、最近ではタバコを止めるための方法として禁煙補助剤を使用する治療法があります。
禁煙補助剤としてはバレニクリンというものがあって、ニコチン受容体パーシャルアゴニストと呼ばれる種類の薬です。
タバコは習慣性のあるもので、何度も喫煙することで止めることが難しくなります。
原因としてはニコチンが脳の存在しているニコチン受容体に作用を及ぼすことで、神経伝達物質であるドーパミンが放出されます。
ドーパミンは快楽物質とも呼ばれているもので、薬の耐性があらわれたり、使用を止めることで離脱症状を引き起こします。
タバコに含まれているニコチンにも、耐性ができたり、禁煙による離脱症状が現れるので禁煙が難しい原因となります。
バレニクリンは有効成分がニコチンの代わりに、脳内のニコチン受容体と結合することで、ニコチンの半分ほどのドーパミンを放出させる効果がありますので、たばこを吸わなくても満足感を得ることが可能になります。
これによって、禁煙を行っている状態でも、禁煙補助剤のバレニクリンを服用していれば離脱症状やたばこへの切望感を軽減することができます。
また、バレニクリンを服用している間に喫煙したときには、ニコチンが受容体と結合することを阻害してくれるので、喫煙しても満足感が得られなくなることで禁煙をサポートすることができます。
禁煙補助剤のバレニクリンは、ニコチンパッチやニコチンガムのような市販はされておらず、禁煙外来が設置されている医療機関で医師の診断を受けてから処方してもらう医薬品となります。
バレニクリンは医薬品ですので、少なからず副作用の報告もされています。
副作用としては、めまいや傾眠などの症状が現れる場合があります。
禁煙補助剤にはメリットやデメリットがありますので、医師の説明をしっかりと聞いて指示のもとで適切に処方してもらう必要があります。

ニコレットで本気の禁煙を考えよう