喫煙者にとって永遠のテーマと言っても過言ではないのが禁煙です。
近年喫煙スペースの縮小や路上喫煙の禁止等、喫煙出来る箇所も減少しています。
また煙草の値上がりも伴いこの機会に禁煙を試みようとしている喫煙者も多いと言えます。
禁煙を行う際にいくつかの選択肢が有りますが、比較的人気な手法として禁煙補助剤の服用が挙げられます。
禁煙補助剤には貼るタイプ、噛むタイプと種類があります。
どちらも効果に差は無く、皮膚が弱い人は噛むタイプ等と臨機応変に対応可能です。
出回っている製品の多くにはニコチンが微量ですが含まれています。
喫煙の代わりに禁煙補助剤で微量のニコチン摂取に留める事で少しずつ喫煙から離れていく事が出来ます。
そんな禁煙補助剤ですが、高血圧の方は注意が必要です。
人体にはニコチンが摂取されると、血圧を上げるホルモンが分泌されてしまうという関係があります。
又、交感神経の刺激による血管の収縮も関係しています。
この点から高血圧の方は医師にしっかりと相談して服用する事が重要と言えます。
日常生活においても注意が必要です。
貼るタイプの禁煙補助剤を貼ったまま喫煙してしまうと相乗効果で通常よりも多量のニコチンを摂取してしまいます。
この際一気に血圧が上がってしまうという関係がある為、体調不良や副作用の発生が起きる可能性が増えてしまいます。
以上の点に注意しながら辛抱強く続ける事が大事です。
多くの禁煙体験者は概ね2回から3回失敗しているというデータもあります。
失敗を恐れず禁煙に挑戦する際に、禁煙補助剤を上手く活用する事で一日でも早く禁煙出来ると言えます。
禁煙後から体の機能が喫煙時の状態から回復しようと働きだすので禁煙が高血圧予防になり長生きの近道と言えます。