農薬ニコチンと言うのをご存知でしょうか。
農薬ニコチンと言う名前の農薬が在るのではなく、ニコチンと同等の毒性を持つ農薬が存在しており、これを農薬ニコチンと呼んでいるのです。

農薬と言うのは、野菜を育てる時に害虫から野菜を守る目的で散布する薬剤であり、中には毒性の高い農薬も在るといわれているのです。
例えば、ネオニコ系農薬と言うのは猛毒とされるニコチンと化学構造が類似していると言われており、最新の殺虫剤として認可を得た上で利用されていると言います。

このように、農薬ニコチンと言うのは毒性が強い農薬であり、煙草に含まれているニコチンも同様に毒性が強い事が解ります。
ニコチンやタールと言った成分を含んでいる副流煙を吸い込む事で受動喫煙をしている事になり、肺がんへのリスクを高めるなど社会問題になっているわけですが、青梅市外来では禁煙補助剤を利用した方法で禁煙治療を受けることが出来るようになっています。

青梅市外来は禁煙治療に特化した診療科を持つ病院であり、青梅市の中に在る幾つかの病院で禁煙治療を受けることが出来るようになっています。
因みに、青梅市外来は青梅市に住む人だけではなく、近隣エリアに住む人も禁煙治療を受けることが出来ますし、禁煙補助剤を処方して貰うことが出来ます。

禁煙をしたいけれども、一人では禁煙が難しいと言った人などが青梅市外来で禁煙治療を受けることで煙草を止めることが出来るようになります。
尚、禁煙補助剤は禁煙をする目的で服用する医薬品で、医師の処方を受けることで利用出来るようになります。
但し、市販でも同じ禁煙補助剤を購入することが出来るのですが、青梅市外来などでは保険治療が適用されるので、市販の薬を購入するよりも低予算で喫煙が出来ると言ったメリットを持ちます。